fc2ブログ

2011-10-19 Wed  09:23
幼児期にピアノを習うと良い理由は?


  こんにちは

 
習い事には、「適期教育」ということが大切と言われています。
幼児期にピアノを習うと良い理由について考えてみたいと思います。
 
 
   音感が最も発達するのは幼少期です。
 

 「三つ子の魂百まで」との諺があるように、幼少期に身につけたものは、お子様の人格形成に大きな影響を与えます。

 
 幼少期にピアノを習うことによって、音感教育を早期に理想的に行うことでき
るだけではなく、楽器を使って感情や気持ちを表現できる手段を持つことで、感性豊かな人格形成に役立つのです。

 最も音感が発達するのは、幼少期といわれていますから、この時期に、たくさんの音楽を聴いたり弾いたりして身につけた音感は、そのお子様にとて、一生の財産になる、と言っても過言ではありません
 
              

  練馬区のピアノ教室 クレールミュージックセンター 

 

                              


 

 

                                

 

                                 

 

 

 

                              

 

                                

 

                                  

 

スポンサーサイト



ピアノレッスンはグループレッスンか個人レッスンかどちらが良いのでしょうか? ≪    HOME    ≫ ポーランド留学のこと①

Comment

    
    管理者にだけ表示を許可する

Trackback

他ブログユーザー♪  Trackback URL


FC2ブログユーザー♪  Trackback Link
[この記事にトラックバック]

ピアノレッスンはグループレッスンか個人レッスンかどちらが良いのでしょうか? ≪        ≫ ポーランド留学のこと①